2010年02月02日

雑誌 「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)

 ホームレスやネットカフェ難民を支援する現場から情報を発信する雑誌「ホームレスと社会」が明石書店から創刊された。ホームレスになる人が大都市だけでなく地方でも増加、派遣切りが中高年から若者へと広がる中、編集委員会の中心メンバーで、大阪市立大大学院教授の水内俊雄さん(53)は「個人がどんな困難に直面しているか、見える雑誌にしたい」と話している。

 全国の支援活動を網羅し、99年から発行を続けてきた季刊誌「シェルターレス」(NPO新宿ホームレス支援機構発行)が資金難で廃刊したことから、有志が「ホームレスと社会」の創刊に踏み切った。創刊号は「派遣村の経験とホームレス支援」を特集。08年末に開設された年越し派遣村で村長を務めた湯浅誠さんらが体験を語るほか、大阪で仕事と住まいを失った若者を助ける「大阪希望館」などの活動を紹介している。

 4月に発行する次号は、一部が貧困ビジネスとして問題視される無料・低額宿泊所や、安心できる居場所づくりなどを特集する。水内さんは「同じ条件を持つ人でも、生活再建のために利用できる社会的資源は地域で異なっており、地方分権を考える視点にもなる」と指摘。生活困窮者を支える政策を提案をしたり、若い研究者が発表する場としても雑誌を活用したいという。

 創刊号は1600円で年2回発行。問い合わせは明石書店(03・5818・1171)。【松本博子】

【関連ニュース】
無料宿泊所:名古屋でも入所開始 185人「正月暖かく」
バンクーバー五輪:ホームレス宿泊施設オープン
もうひとつの風景:2010家族点描/8 路上で世界が広がった
那覇市:新たに埋没壕 区画整理事業で見つかる
追悼式:緊急雇用創出事業で収集の遺骨 市民ら戦没者に祈り

那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
<子ども手当>給食費滞納に充当 首相が検討指示(毎日新聞)
「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
posted by シブヤ ノブユキ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<器物損壊>車13台のガラス割られる 大阪・泉南市で(毎日新聞)

 29日午前2時半ごろ、大阪府泉南市新家のマンション住民から「車のガラスが割られている」と110番があった。マンションから半径200メートル内の路上に止めた車13台のガラスが割られており、府警泉南署は器物損壊容疑で調べている。

 同署によると、前部か後部のガラスが割られ、盗難被害はなかった。バイクに乗った2人組の男がバットでたたき割っていたとの目撃情報があり、同署が調べている。

 また、同日午前6時40分ごろ、同府泉大津市の配送会社から、敷地内に止めたトラックなど10台のガラスが割られていると通報があった。盗難被害はなく、泉大津署が器物損壊容疑で調べている。

 二つの現場の距離は約20キロ。府警が関連を調べている。【酒井雅浩、平野光芳】

【関連ニュース】
器物損壊:墓石44基壊される 名古屋
窓ガラス破損:2日間で70枚割られる 千葉・船橋の高校
器物損壊:小学校ガラス110枚割られる 千葉・市原
ムッちゃん平和像:千羽鶴に放火か…大分の平和祈る少女像
配線切断:自衛隊ヘリ2機 愛知の三菱重工工場で

<著作権法違反>新手のソフトでアニメ流出 埼玉の男を逮捕(毎日新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)
【お財布術】「値切り」編 コツは「ズレ買い」「またぎ」(産経新聞)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
【施政方針演説】全文(6) 世界に新たな価値を発信する日本「文化融合の国」(産経新聞)
posted by シブヤ ノブユキ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。